ひとは あるものだけで 豊かになれる。

                 

くちのえらぶじま
口永良部島     
kuchinoerabu-jima         


@鹿児島県屋久島町

        

里歩き・・島の歴史に触れる・・

口永良部島は太古から噴火を繰り返し、現在のひょうたんのような形が作られました。
出土する土器が火山灰層の中であるように、歴史に残された多くの出来事も火山と関係しています。
ガイドと共に島内散策をして、島の歴史に触れてみませんか?
知らなかったら通り過ぎてしまうような所に島の歴史を物語る足跡が残されているものです。
口永良部島へいらっしゃるなら、是非島の歴史に触れ、さらに興味を深めて頂きたいと思います。

本村集落内の散策 どんどろ歩き 恵比寿神社
■内容■(半日)
本村集落と前田集落を中心にガイドと共に島の歴史に触れる散策を楽しみます。
1日ゆっくりと島の歴史に触れるツアーをご希望の方は下の【島廻り・・島全体を感じる・・】でお申し込み下さい。
さらに車で移動し、途中で温泉に入りながら他の集落(湯向集落、新村集落など)まで足をのばします。(入りたい温泉などご希望がありましたらそれに合わせてルート設定をいたしますので申し込み時にお伝え下さい。)

■データ■
◇縄文・弥生時代:打製石器や縄文式土器、弥生式土器が出土している。
◇鎌倉時代~戦国時代:中世前期までは有力な領主など存在しなかったが、1408年に種子島氏の所領となり支配を受けるようになった。種子島氏と禰寝(ねじめ)氏の抗争が始まり屋久島、口永良部島も合戦の場となった。
◇平家の落人伝説:南九州から南島に広く流布している平家の落人伝承は口永良部島でも聞かれる。
◇度重なる噴火:噴火により集落全部が全焼したり、土石流により集落が流されたり、と噴火と島の歴史は切っても切れない関係にある。
◇産業:硫黄の採掘、鰹漁、密貿易などで賑わった。

■持ち物&服装について■
・飲み物(500mlペットボトル程度)
・歩きやすい靴
・帽子(日差しを遮るものがありませんので必ずご用意下さい
UP↑

島廻り・・島全体を感じる・・

口永良部島の楽しみ方はもっともっといっぱいあります。
島内には4箇所温泉があります。それぞれ雰囲気が異なり、効能も違います。
里歩きに温泉を組み合わせたり、温泉を全部制覇したいという方もいらっしゃるでしょう。
『島ならでは、』の絶景ポイントやその時期だからこそ体験して頂きたい・見て頂きたい所など、
あれもこれも、ご要望にお答え出来るようにルートを決めガイドいたします。

寝待のたてがみ 湯向集落 野イチゴ摘み
■内容■ (1日・半日)
口永良部島へ行ったらとりあえず温泉に入りたい、ついでにその途中、島の歴史についても教えて欲しい、といったそれぞれのご要望に添えるように島内をご案内いたします。
とは言え、温泉は4箇所ありますし、季節ごとにお勧めの場所も異なります。
お客様の“したい事”を中心にこちらでルートを設定しご提案させていただきます。

■データ■
口永良部島の温泉
◆本村温泉:<泉質>単純温泉 <効能>神経痛、筋肉痛、冷え性等 <アクセス>本村内 <入湯料>大人:300円、子供:100円
◆西の湯温泉:<泉質>ナトリウム塩化物泉 <効能>胃腸病、婦人病、神経痛、腰痛等 <アクセス>本村から徒歩約20分 <入湯料>大人:200円、子供:100円
◆寝待温泉:<性状>無色透明、酸味、弱硫化水素臭 <泉質>含硫黄泉、ナトリウム・カルシウム塩化物泉 <効能>皮膚病、神経痛等 <アクセス>本村から車で約25分 <入湯料>大人:200円、子供:100円
◆湯向温泉:<泉質>含硫黄泉、ナトリウム・カルシウム塩化物泉 <効能>皮膚炎、神経痛等 <アクセス>本村から車で約35分 <入湯料>大人:200円、子供:100円
※:口永良部島の各温泉については、HP[口永良部島便り]で詳しく紹介されていますのでご参照ください。

口永良部島で楽しめる山の幸
◆4~6月:野苺(ほうろく苺)、桑の実、ツワブキ、たけのこ、ボウフウ etc
◆6~10月:ひげもも、いぬまきetc
◆10~12月:山葡萄、コップ(キルイーフルーツの原種)、タブ etc
◆12~4月:しゃしゃんぼ(ブルーベリーの原種) etc
※:詳細はガイドへお尋ねください。なお、口永良部島の山の幸をふんだんに使った料理やお菓子についてHP[口永良部島便り]で紹介されていますのでご参照ください。

■持ち物&服装について■
・飲み物(500mlペットボトル程度)、弁当(1日コースの場合)
・温泉に入られる方→タオル、温泉道具(途中、温泉へ行きたい方)、入浴料金
・帽子(日差しを遮るものがありませんので必ずご用意下さい)
UP↑