口永良部島リンク集
~Information of Kuchinoerabujima~


口永良部島の
自然に関する情報
口永良部島への
アクセス&宿泊情報
口永良部島の
暮らしの情報
島情報



口永良部島の自然に関する情報

口永良部島の自然に関する情報を集めました。
来島する前に知っておきたい事、また、知っていると安心な知識などなど。。。
気象情報 火山情報 屋久島国立公園 エラブオオコウモリ

■気象情報■

台風接近時の海の様子 滞在期間の天気(晴れるかどうか)だけでなく、波の高さもご確認下さい。
前線が近づいていたり、台風が発生したりしている場合、海が時化、船が欠航する可能性があります。
来島する際に船が出ても、帰りの船が出ない!なんて事もありうるので滞在期間の予想天気は確認しておいて下さい。
さもなければ、余裕を持っていらっしゃるか、、。
本当は、余裕を持っていらっしゃるのがベストです。。

週間天気予報

週間天気予報
波の高さ
波の高さが3m以上の場合、「フェリー太陽」は欠航する可能性が高いです。ただし、いざと言う時には、船をチャーターして走ってもらう事も可能です。
「フェリー太陽」が欠航でも、チャーター船だったら時化始める前に船を出してもらったり、と、多少融通が利くため、 どうしてもお仕事の都合などで帰らなくてはならない方などは、船をチャーターして帰られる方も多いです。 (船のチャーター代は、5万円程度です。利用人数で代金を割るのですが、ちょっと高いですね。。。)
台風情報
台風が発生する時期(夏から秋にかけて)は、特に注意して下さい。台風によって、のろのろ台風だったり、発生してから猛スピードでこちらに進んで来ていたり、など多様です。
実際、気づいたらあっという間に海が時化てきた、なんて事もあります。


■火山情報■

噴煙が上がっている時の新岳(2005年) 新岳は、いまだ噴煙をあげる活火山です。
火山の活動レベルにより、立ち入りが禁止される区域がありますので事前に気象庁から出されている「噴火警戒レベル」をご確認下さい。
基本的には「噴火警戒レベル」を参考にしますが、いつ噴火しても慌てずに避難が出来るように、 来島の際には、避難場所に指定されている“番ヶ屋峰(ばんやがみね)”の位置を確認し、さらに移動の際にはヘルメットを持参されるようになさってください。(ヘルメットは各宿泊施設でお貸ししています。)

口永良部島の活火山について(気象庁)
新岳に関する情報はこちらにまとめられています。現在の「噴火警戒レベル」、 定期的または必要に応じて臨時に出されている火山活動解説資料はこちらからご確認下さい。
口永良部島の火山活動の状況(気象庁)
「噴火警戒レベル」の確認はこちらの方が分かりやすいかもしれません。上記と同じ気象庁からの情報でも、こちらは火山登山者向けの情報提供となっています。
噴火警戒レベルが3以上の時には、一周道路の一部が通行止めとなります。
口永良部島火山山頂部の地盤変動情報(産業技術総合研究所)
2014年8月3日の噴火以後のデータが未着のため更新はありませんが、新岳火口近くで観測しているGPSの結果が1日1回のペースで更新・公開されていました。 データから火山の様子が分かりますのでまたデータを取れるようになる事を期待しています。なお、こちら情報は研究上得られた参考情報として公表されていますが、正式な発表は気象庁からとなっています。
それまでの変動のデータが整理されています。
口永良部島火山地質(web)
口永良部島火山の概要・口永良部島火山の地形・口永良部島火山の形成史・口永良部島火山の噴出物・火山活動・口永良部島火山のマグマについて。非常に詳しく丁寧に口永良部島の地質・形成史が説明されています。
海域火山データベース(海上保安庁)
海上保安庁海洋情報部のデータ。島の海底地形図や地質構造図、さらには、噴火口の活動写真など掲載されています。


■屋久島国立公園■

国立公園編入記念碑 屋久島国立公園は、九州本島最南端の佐多岬から南に60kmの海上に位置する屋久島と、その北西に位置する口永良部(くちのえらぶ)島からなります。
口永良部島は、平成19年3月に全島が霧島屋久国立公園(屋久島地域)に編入し、平成24年3月に霧島屋久国立公園から分離して 面積(陸域)24,566ha【屋久島地区(20,272ha)・口永良部島地区(3,577ha)】から成る屋久島国立公園として指定されました。
この島の火山島特有の荒々しい景観(火口から流れ出た溶岩が波に侵食されて出来た海食崖や海食洞窟等の変化に富んだ地形)、 エラブオオコウモリ(国指定天然記念物)、またコウモリが生息する自然性の高い植物群落、豊かなサンゴ礁は国民皆の財産であり、将来に渡って守っていかなければなりません。
なお、国立公園内では、動物の捕獲・殺傷、植物の採取・損傷、工作物の新築等の行為は自然公園法により禁止されています。
屋久島国立公園(環境省)
口永良部島の昆虫や植物に関する注意事項(自然公園法・環境省)
ライブ映像(永迫牧場と屋久島)
永迫牧場と屋久島 永迫牧場と屋久島を望む所にカメラが設置されました。
ライブ映像なので『今』の島の様子を知ることが出来ます。 鹿や牛が通ったりするかな。。。


エラブオオコウモリ(環境省レッドデータブック絶滅危惧ⅠA類、国指定天然記念物)■

エラブオオコウモリ 口永良部島は、オオコウモリが生息する北限にあたります。
また、エラブオオコウモリは、国の天然記念物(絶滅危惧種)に指定されている貴重な生き物です。
春先(5~6月頃)、ガジュマルの実を食べに沢山のコウモリが飛んできますのでコウモリ観察をしてみたい方は その時期に合わせていらっしゃると良いかもしれません。

オオコウモリの世界:コウモリの説明から観察ポイントまで詳しく紹介されています。
UP↑


口永良部島へのアクセス&宿泊情報

口永良部島へ来るためのアクセス&宿泊情報は、
口永良部島ガイド協会HP[アクセス&宿泊案内]をご参考下さい。
何と言っても、一日一便の船しかない離島ですから、お時間の余裕を持ってお越し下さい。
屋久島(宮之浦港)の様子 宮之浦港建物内のチケット売り場 フェリー太陽
UP↑


口永良部島の暮らしの情報

口永良部島の小・中学校(金岳小・中学校)のホームページや島の暮らしぶりをお伝えしているブログやホームページを紹介します。
口永良部島ならでは、の暮らしぶりというのがあります。
実際に口永良部島で暮らしている人々の様子からこの島らしさを感じ取って頂けたらと思います。。
口永良部島の小・中学校 口永良部島の暮らしぶり 口永良部島への移住体験 役場関連


■口永良部島の小・中学校■

金岳小学校 口永良部島の学校、金岳(かながたけ)中学校の生徒と先生が作ったHPです。
内容は、学校長挨拶・教育目標・学校紹介・年間活動報告・山海留学制度など。
生徒数が少ないため、遠足や運動会といった行事は、小学生も中学生も一緒に行っています。
ちなみに、島には中学校(義務教育)までしかありません。高校は屋久島の高校へ行くか、鹿児島の高校へ行くか、、それぞれです。


金岳小・中学校

■口永良部島の暮らしぶり■

口永良部島便り
口永良部島便り 口永良部島の暮らしぶりをお伝えするホームページ。(著者は、私、本人です。)
島の紹介から、年間を通じた行事の様子、島のお店情報までイロイロ載せています。

クチエラブ日記part.2
クチエラブ日記part.2 口永良部島の日々の様子をお伝えするブログ
こちらも私が書き綴っています。

■口永良部島への移住体験■

お話しにも出てくるユースホステルに、と建設をした建物。現在「民宿くちのえらぶ」としてオープンしています 住む場所を求めて口永良部島へたどり着き、それからこの島でどうやって暮らしていこうかと試行錯誤しながら楽しんで生活している様子を全12話の体験談としてまとめています。
1994年頃執筆なので少し前の島の様子ですが、お話しとしてとても面白く、口永良部島の良さをほのぼのと感じ取ることが出来ます。
左の写真は、お話しにも出てくるユースホステルに、と建設をした建物。現在「民宿くちのえらぶ」としてオープンしています
火山島に棲む(地方雑誌「生命の島」第30号~45号に掲載)

■役場関連■

屋久島町ロゴマーク 口永良部島は、屋久島と同じ[屋久島町]に入ります。
「フェリー太陽」の運航情報、「定住促進住宅(移住者を増やす目的で住居を期間限定で格安で借りれます)」の利用者の募集などは、こちらのHPを参照してください。
屋久島町役場
UP↑


島の情報

日本中の島情報から島好きな人が集まるサイトまで、島に関する様々な情報が集められるサイトです。
色々な島での取り組みや特産品、イベント情報など、『他の島も頑張っているんだなあ、』と刺激になります。。。(これは私の場合)
本当に色々な島があるんですねえ。
島情報 島に関する雑誌 島に関するコミックス 島の参考文献


■島情報■

(財)日本離島センターのHPには、日本各地の島の求人情報、イベント情報、島々へのリンク集など様々な離島情報が満載です。
この(財)日本離島センターが出している『シマダス』は、日本の島ガイド本。ガイド本というより島辞典のような感じで島のデータ&情報満載の充実した本ですので島情報収集にお役立て下さい。
同じく財団から出ている広報誌「しま」は、タイムリーな島事情を伝える冊子です。

(財)日本離島センター



■島に関する雑誌■

島へ 日本の離島をテーマにした雑誌「島へ」のHP。
「島へ」は、写真が美しく、眺めているだけでも楽しい雑誌です。
各地の食情報やイベント情報なども載っているので旅ガイドとしても役に立つのではないでしょうか。
HPの方も、島の特産品を販売するコーナーがあったり、と充実しています。
島へ

■島に関するコミックス■

都会から島へ行き、島の学校へ通う事となった少年:光の物語。
口永良部島とは異なりますが、それでも同じ離島が持った問題点を良く描写しているなあ、と思います。
口永良部島でも山海留学制度(里親が子供を預かり島の学校へ通う)を行っています。 島の実情そして子供夫々の状況等、山海留学制度はなかなか難しいのですがこの制度で都会ではなかなか出来ない体験をし、一回りも二回りも大きく成長して帰っていった子供達がいっぱいいます。
①~⑧まで8巻あります。考えさせられるコミックスです。





■島の参考文献■

口永良部島のみならず、日本中の島に関する文献リストを整理しているサイトです。
よく、これだけ調べ上げられたなあ、、と関心してしまいます。
口永良部島に関する書籍がこんなにあったとは!
島の図書館
UP↑