夜光貝(やこうがい)の紹介


夜光貝 夜光貝
学名:Turbo(Lunatica)marmoratus・英名:Great Green Turban

【特徴】

夜光貝 夜光貝は、サンゴ礁域に生息する大型の巻貝です。
重厚な殻の裏側に真珠層があり、古くから装飾や螺鈿細工の材料として利用されてきました。
日本近海では、屋久島・種子島以南の暖かい海域に生息しています。
比較的浅い水路や岩のくぼみに生息していて、基本的に夜行性で、海藻などを食べます。




【用途】

夜光貝の刺身 夜光貝のバターソテー 身の柔らかい部分は、刺身で頂きます。
硬い部分は、圧力鍋で加圧し、柔らかく炊いた後、味噌で合えたり、焼いたりして食べます。
肉厚なので貝独特のうまみをたっぷりと堪能できて美味しいです。

貝殻は古くは螺鈿の材料として重宝されてきました。










【名称について】

夜光貝は、本来「ヤクガイ(屋久貝)」と呼ばれていたようです。
ヤクガイのあて字の一つに「夜光貝」があり、ここから「ヤコウガイ」という読みが生じた可能性もあります。
名前から夜に光ると思われることがありますが、貝自体は発光しません。。


【参考資料】

Wikipedia-ヤコウガイ-